治療に専念したいため、全てのやり取りを弁護士に任せたいと相談された事例

事故状況・傷害の内容

 福岡県春日市在住の男性が、右折レーンで信号待ちをしていたところ、後ろから追突されるという交通事故に遭いました。

 男性は、頚部挫傷・腰背部挫傷両肩関節挫傷・胸椎捻挫・両上腕骨骨挫傷という怪我を負いました。

 怪我の影響により両環指・小指のしびれや、頚部痛・腰部痛が継続している状態です。


相談内容

 事故直後にレントゲンを撮影いたしました。

 医師の所見では、首に関し、今回の事故の外傷により、変化が認められるというように言われています。

 腰に関しては、レントゲン上異常はありませんでした。

 今後は、治療に専念したいと思いますので、保険会社とのやりとり等、弁護士の先生に間に入っていただきたいです。

 事故後は事故前の状態とは一変し、身体が思うように動かなくなりました。

 仕事では、営業で自動車を運転することも多く、運転をするにも長時間同じ態勢でいるのが辛いです。

 また、運転をする際、ハンドルを切ったり等の動作を行うと、肩や腕がピキッといって、痛みが増強することもあります。

 また、営業以外の時間では長時間デスクワークを行うことも多いので、長時間パソコンの前に座り、同じ態勢でいることも多く、時には大量の紙媒体のファイルを移動させる作業もあるので、日々痛みに耐えながら仕事をしなければなりません。

 万一、このまま怪我が治らなかったことも考え、後遺障害等級申請についてもご相談したいと考えております。

 お力になっていただきたいので、何卒よろしくお願いいたします。


後遺障害等級認定サポートで後遺障害が認められた解決実績(一部)

等級 事例内容
1級 高次脳機能障害で後遺障害1級1号に認定され、近親者慰謝料も補償された事例
14級 後遺障害等級認定サポートでむちうちで14級が認定され、示談で240万円の補償を受けた事例
併合14級 後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例
併合12級 症状固定時期を見極め、後遺障害併合12級認定、1,280万円が補償された事例
7級 子供の醜状痕について裁判せずに逸失利益が認められ適正な補償を受けた事例

その他の解決実績も多数掲載しておりますので、是非、福岡の弁護士による交通事故専門特化サイトをご覧ください。


後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

夜間法律相談実施中

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

相談票のダウンロードはこちら

対応エリア

事務所所在地

外観

クリックで地図を拡大

アクセスマップ 北九州外観
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+