後遺障害等級申請や弁護士基準での示談交渉を依頼したくて来所された事例

事故状況・傷害の内容

春日市に住んでいる私は、普通乗用自動車を運転し、赤信号の交差点を右折するために右折レーンで停車していたところ、後方からきた普通乗用自動車に追突されるという事故に遭いました。

追突の瞬間は、腰が浮くらいの大きな衝撃を受けました。

夕方の事故で病院も閉まっていたため事故当日は痛み等を我慢し、事故の翌日に病院を受診したところ、頚椎捻挫・腰椎捻挫、右手関節・左膝関節・右足関節捻挫と診断されました。

数日後に別の病院に転院して診察を受けたところ、新たに胸椎捻挫、両肩捻挫、左肩腱板損傷も診断されました。

事故から約5ヵ月経ちますが、今も受傷部位全体の痛みや両下肢のむくみ等の症状が残っています。

そのような症状のために、重たい荷物を持つことや子供を抱き抱えることなどの動作ができません。

他にも、2階にある自宅への階段の上り下りや、掃除機での掃除に大きな支障をきたしています。

相談内容

相手方保険会社からは、今月末で打ち切りと言われています。

後遺障害の申請をするには半年くらい通院した方が良いと聞いたので、半年は通院したいと考えています。

もし治療費が打ち切られたとしても、痛み等が続くので、自費でも通院を続けたいと考えています。

後遺障害申請にあたり、必要な書類や認定見込み、結果が分かるまでのスケジュールを知りたいです。

申請の手続きを弁護士に一任したいです。

また、妥当な金額で示談したいと思いますので、示談交渉も弁護士基準でお願いしたいです。

関連ページ

1 交通事故の賠償金額(慰謝料など)の注意点
2 保険会社から治療費の打ち切りを言われたら早期対応を!
3 むちうちで後遺障害等級認定を受けるためのポイント

後遺障害等級認定サポートで後遺障害が認められた解決実績(一部)

等級 事例内容
1級 高次脳機能障害で後遺障害1級1号に認定され、近親者慰謝料も補償された事例
14級 後遺障害等級認定サポートでむちうちで14級が認定され、示談で240万円の補償を受けた事例
併合14級 後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例
併合12級 症状固定時期を見極め、後遺障害併合12級認定、1,280万円が補償された事例
7級 子供の醜状痕について裁判せずに逸失利益が認められ適正な補償を受けた事例

その他の解決実績も多数掲載しておりますので、是非、福岡の弁護士による交通事故専門特化サイトをご覧ください。


後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

夜間法律相談実施中

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

相談票のダウンロードはこちら

対応エリア

事務所所在地

外観

クリックで地図を拡大

アクセスマップ 北九州外観
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+