交通事故・後遺障害のご相談は福岡の弁護士法人たくみ法律事務所にお任せください

顔面打撲後の左顔面の痛み等による神経系統の障害において、0円の提示を919万円に増額した事例

  • HOME »
  • 解決実績 »
  • 顔面打撲後の左顔面の痛み等による神経系統の障害において、0円の提示を919万円に増額した事例

顔面打撲後の神経系統の障害において、0円の提示を919万円に増額した事例

相談者 男性(40代)/ 職業:自営業
後遺障害内容 三叉神経障害
後遺障害等級 12級13号(顔面打撲後の左顔面の痛み等の症状による神経系統の障害)
主な自覚症状 左顔面の痛み(特に眼瞼部分の電撃痛が走り、顔が引きつる)

当事務所の示談交渉サポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
後遺障害慰謝料 0 290万円 290万円
逸失利益 0円 629万円※ 629万円
合計 0円 919万円 919万円

※基礎年収582万円(実収入)、労働能力喪失率:14%、労働能力喪失期間:10年

当事務所の顔(目・耳・鼻・口)の後遺障害の解決事例(一部)

ご依頼の経緯

 この方は、交通事故により顔面を打撲されました。

 事故後、左顔面の痛みが残存していたため後遺障害の申請をしましたが、他覚所見がないと診断され、非該当とされていました。

 なんとか後遺障害が認められないかを当事務所に相談され、ご依頼いただきました。

当事務所関与の結果

 当事務所が脳神経外科の病院を紹介し、瞬目反射検査を行ったところ、異常(三叉神経障害)が見つかりました。

 その検査結果を踏まえ、異議申立を行った結果、後遺障害12級13号と認められました。

 なお、逸失利益の算定では、この方は、自営で実収入の認定が困難でしたが、年齢別の平均賃金を得られる蓋然性を示し、上記金額を認めてもらいました。

 12級の神経系統の神経系統の障害では、労働能力喪失期間は10年であることが多いです。

弁護士の所感

 顔面部分の後遺症は、比較的敏感になる方が多い半面、整形外科では他覚的な証明ができず、認定を受けにくいところがあります。

 脳神経外科では、神経系統の検査を専門的に行っている病院も多いため、他覚的な証明を得られる場合があります。

 なお、顔面部分は醜状障害の可能性もありますが、後遺障害の認定を受ける醜状の要件は厳しいので、注意が必要です。

 ここでのポイントは醜状障害ではなく、神経障害を認めてもらったということです。

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

電話でのご予約はこちら メールでのご予約はこちら ご相談の流れ 後遺障害等級認定サポート 動画でわかるたくみの思い 弁護士の選び方
PAGETOP